TinyMCE で画像挿入して保存したものを、もう一度編集すると画像が表示されない! « SE99隊.jp


TinyMCE で画像挿入して保存したものを、もう一度編集すると画像が表示されない!

MODx というCMSにてサイト構築しています。 このブログは WordPress です。 コーポレートサイト用にこのCMSで構築しています。 ブログ機能はあまりいらないので、 Wordpress ではなく、同じく無償で活用できる MODx を使用しています。 MODx Manager 画面 TinyMCE で画像挿入して保存したものを、 もう一度編集すると画像が表示されない! という現象が発生したのでいろいろ調べました。 この現象の発生方法と解決方法は次の通りです。 リソースを投入する時、 MODxではコンテンツをリソースと言いますが、 多くのCMSでそうであるように、 MODxでも編集エディタを選べます。 MODxでは、 コンテンツのHTMLを自力で編集するエディタと、 TinyMCE を選択出来ます。 いつもはあまり使用しないのですが、 TinyMCE を使用してリソース(コンテンツ)を編集していました。 MODx TinyMCE 画面 そのコンテンツには画像を挿入する必要があったのですが、 TinyMCE では便利で、画像を簡単に挿入することが出来ます。 多くのCMSでも同じ様に、ツールバー上の画像挿入の アイコンがあり、それをクリックすると、 MODx TinyMCE 画像 挿入 画面 このように画像に関する情報を入力する画面が開きます。 挿入したり画像を選択、alt 属性などを設定する画面が開きます。 その他詳細を設定出来ます。 必要事項を入力して、「挿入」ボタンで挿入すると、 コンテンツエリアに画像が挿入されます。 で、このリソースをいったん「保存」します。 そして、このリソースを編集画面で開くと、 挿入した画像が消えてしまいます。 具体的には見てみると、 画像のパスに誤りがあることが分かります。 解決策は3つあります。 ソースを見ると、img タグの src 属性の補間処理 が正常に動作しない事が要因のようです。 TinyMCE の Path Option が rootrelative の時に発生するようです。 この問題を回避するた為には、 以下の3つのいずれかを行うことで解決するようです。 1.TinyMCE の Path Option を rootrelative のままにして、   該当ソースをコメントアウトする。 2.TinyMCE の Path Option を fullpathurl にする。 3.TniyMCE の Path Option を docrelative のして、   テンプレートのHTMLヘッダに、<base>タグを追加する。 私の場合は、テンプレートに <base> タグを使用していたので、 3番の回避策の設定を行いました。 1番の回避策は PHP というプログラムを理解していない人、 とまでは言いませんが、プログラム経験の無い人には、 コメントアウトって何???という間隔だと思うので、 ハードルが高いかな?と思います。 Path Option は、 TinyMCE の設定画面(プラグイン)で行えます。 TinyMCE プラグイン 設定 Path Option ちなみに、 1番のソースコードをコメントしなければならないのは、 mutate_content.dynamic.php の 898 – 924 近辺です。(Ver1.0.0J) この設定が完了したら、 再度リソースの編集画面を開きます。 この状態では img タグの src 属性のパスが、 まだ誤ったパスなので、正常なものに修正します。 そのごリソースを保存すれば、回避策の対応が完了です。

タグ:

コメント »

このコメントの FEED

コメントはまだありません。

この記事へのトラックバック

このカテゴリーの記事

ワードプレスで スマイリー

こんにちは。 この前何気なく …c(゜^ ゜ ウーン という顔文字を記事の中にいれ、「公開」したら、 の の部分が、スマイリーが表示されてました。 なんでだろう? わからないのが「イヤ」なんです。 もともとそんな機能があったのかな? それともそんなプラグインを以前導入したのか? 全く記憶が有りません。(^^) 不思議です。 ということで色々試してみました。 スカイプの絵文字のショートカットで試します。 スカイプの絵文字ショートカットはここを、 参考にさせて頂きました。 http://factoryjoe.com/projects/emoticons/ :=) :=( :=D :d :=d :-d 8=) B) B=) B-) (cool) :=o :O :=O :-O ;( ;-( ;=( (sweat) (:| :=| :* :=* :-* :=P :p :=p :-p ;”> (blush) :$ :-$ :=$ :”>; :^) |-) [...]

TinyMCE で画像挿入して保存したものを、もう一度編集すると画像が表示されない!

MODx というCMSにてサイト構築しています。 このブログは WordPress です。 コーポレートサイト用にこのCMSで構築しています。 ブログ機能はあまりいらないので、 Wordpress ではなく、同じく無償で活用できる MODx を使用しています。 TinyMCE で画像挿入して保存したものを、 もう一度編集すると画像が表示されない! という現象が発生したのでいろいろ調べました。 この現象の発生方法と解決方法は次の通りです。 リソースを投入する時、 MODxではコンテンツをリソースと言いますが、 多くのCMSでそうであるように、 MODxでも編集エディタを選べます。 MODxでは、 コンテンツのHTMLを自力で編集するエディタと、 TinyMCE を選択出来ます。 いつもはあまり使用しないのですが、 TinyMCE を使用してリソース(コンテンツ)を編集していました。 そのコンテンツには画像を挿入する必要があったのですが、 TinyMCE では便利で、画像を簡単に挿入することが出来ます。 多くのCMSでも同じ様に、ツールバー上の画像挿入の アイコンがあり、それをクリックすると、 このように画像に関する情報を入力する画面が開きます。 挿入したり画像を選択、alt 属性などを設定する画面が開きます。 その他詳細を設定出来ます。 必要事項を入力して、「挿入」ボタンで挿入すると、 コンテンツエリアに画像が挿入されます。 で、このリソースをいったん「保存」します。 そして、このリソースを編集画面で開くと、 挿入した画像が消えてしまいます。 具体的には見てみると、 画像のパスに誤りがあることが分かります。 解決策は3つあります。 ソースを見ると、img タグの src 属性の補間処理 が正常に動作しない事が要因のようです。 TinyMCE の Path Option が rootrelative [...]

WP Multibyte Patch プラグイン の 有効化

このブログ SE99隊.jp を運用し始めて、早1年が経ちます。 途中休眠期間が10ヶ月くらいありましたが、、、 1年たってやっと有効にしたプラグインがあります。 それが、 WP Multibyte Patch です。 このブログはご覧の通り、日本語でかかれていますが、 いままで、たまたまこのプラグインを使う機会が、ありませんでした。 最近、このブログのテンプレートを、 少しずづ修正しているのですが、 やっとこのプラグインを使う機会がやってきました。 the_excerpt() 関数を使うようにしたのですが、 エントリー投稿画面の「抜粋」にエントリーの抜粋を 明記しておかないと、エントリー本文から一定文字数を 抜粋するのですが、日本語の場合正常に動作しません。 よくある、 マルチバイト文字の問題です。 WordPress 日本語版では、 マルチバイト関連の問題に対応する為に WP Multibyte Patch プラグインが同伴されています。 今日はじめてこのプラグインを有効化しました。 初期設定は普通に使用する上では、 ほとんど無しです。 デフォルト設定で大丈夫です。 細かいチューニングは、 共通設定ファイル( wpmp-config.php )で行えます。 詳細は、WP MultiByte Patch のページをご覧ください! 関連URL http://eastcoder.com/code/wp-multibyte-patch

SE99隊.jp 携帯電話対応

このブログ SE99隊.jp もやっと 携帯電話 に対応しました。 携帯電話 のURL入力画面に、 このブログの URL http://www.se99.jp/ を指定すれれば、 見えないことはなかったのですが、 メモリがたりなくて、表示できない、という状態でした。 携帯サイト用のテンプレートは修正の必要ありですが、 まずはこれで運用開始です。 これは Firefox で表示した携帯電話での画面の表示イメージです。 実は、携帯電話 で表示されるWebページ画面を、 パソコンで表示させる方法ってあるのご存知でしたか? 結構知らない人いるみたいなんで、少しだけ。 UserAgentSwitcher というアドオンが、 Firefox にあります。 ここで、UserAgentSwitcher のアドオンをゲットして、 https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/59 こちらから、User Agent のデータをゲットさせていただき、 http://webpersons.jp/tips/2008/08/user-agent-switcher-import.html このデータをインポートすると、 このように、User Agent を気軽にスイッチできるんです。(^^)ニコ 簡単簡単! User Agent というのは、 超簡単に言えば、Webページにアクセスす Webブラウザの種類のこと。 Safari, FIrefox, Chrome, IE もバージョンごとにそれぞれ、 User Agent があります。 たとえば、こんな感じです。 http://www.openspc2.org/userAgent/ 同じ名前のブラウザでも、 バージョン、マイナーバージョン、OSを含めて、 [...]

MT5 正式リリース版 インストール してみました

MT5 正式リリース版 をインストールしてみました。 正確には MT5RC3 からアップグレードだけど。 この画像はMT5の画面 第一印象は、リリース候補版やベータ版とは異なり、 BETA という記述がなくなって、 管理画面がすっきりした、という印象です。 オンラインマニュアルも、MT5用に変わりましたね。 正式にリリースされるまでは、MT4のオンラインマニュアルでした。 http://www.movabletype.jp/documentation/ 早速読みたいと思います。 テーマや、スタイルの所から読みたいと考えています。 MT3からMT5へのアップグレードも調べないと!!

MT Movable Type 5 リリース

MT Movable Type 5 がリリースされました。 当初の予定より、一ヶ月ほど遅れての リリースになりましたね。 MT5 RC3を使っているので、 早速ダウンロードして使ってみようと思います。 もちろん個人ライセンスで。 特徴としては、 1. サイトを構造的に管理できる  ブログやホームページともに構造的に管理できます。  ツリー構造的に管理できるので、理解しやすいです。  個人的には、最初に作成するのが「 Webサイト」固定、  というのがイマイチな気がします。 2.管理画面が一新  WordPress のような感じになった、  というのが第一印象です。 3.変更履歴  変更履歴を管理できるのは便利ですね。  ブログの様に記事を追加していくものは、  さほど意味をなさないかもしれませんが、  Webサイトとして考えた場合には便利な機能。 4.テーマ  テーマの配布が容易になりました。  便利です。 5.カスタムフィールド  コンテンツに応じて、表示する、表示しない  項目を選択できる。  使い方によっては非常に便利だと思います。 まだ、ベータ版やリリース候補版しか使っていませんが、 CMSとして正常進化したという感じでしょうか。 全体的に使いやすくなった、という印象です。 これから、どんどん使いこなしていきたいですね。

MT5 Movable Type 5 RC3 リリース候補版 リリース

MT5 Movable Type 5 のリリース候補版3がリリースされました。 18日にRC2がリリースされてばかりですが、 リリースされましたね。 この画像は MT5 RC3 の管理画面。 18日に MT5 RC2 がリリースされた にもかかわらず、 20日に MT5 RC3 がリリースされた のはなんで? と思います。 通常、上の画像ダッシュボードの中の、 ニュースの所に、新しいバージョンがリリースされたら、 表示されるのですが、なぜか MT5 RC3 は表示されてないんです。 http://www.movabletype.jp/beta/50/ このページを見ていたら、 MT5 RC3 がリリースされていた事を確認しました。 なので、実際には、 20日に MT5 RC3 がリリースされた のではなく、 20日に MT5 RC3 がリリースされていたのを確認した、 のが正しい表現ですね。 で、なんで、 http://www.movabletype.jp/beta/50/ このサイトを確認していたかというと、 MT5 RC2 で、いままで正常に動作していた機能が、 動作していなくなっていたので、 まさか、まさか、ここへ来て、 リリース候補版 をリリースするような時期に来て、 仕様がかわったのか? [...]

Movable Type 5 RC2 リリース リリース候補版2

MT Movable Type RC2 がリリースされました。 リリース候補版の第2弾ですね。 リリース候補版なんで、 修正するバグと、 修正しないバグを切り分けていますね。 修正しないバグがあるという事は、 制限事項があるということですね。 制限事項は、チェクしておきたいですね。 制限事項は、 マイナーバージョンアップの時に、 修正されるのなか? 正式版リリースは、 2009年11月26日の木曜日です。 楽しみですね。 リリース候補第2版についての詳細はコチラです。 http://www.movabletype.jp/documentation/mt5/release/rc2.html

Movable Type 5 リリース候補版リリース

Movable Type 5 のリリース候補版が リリースされましたね。 http://www.sixapart.jp/movabletype/mt5.html 正式リリースは、 2009年11月26日木曜日です。 楽しみですね。 ベーター版では、 結構バグもありましたが、 (ベーター版なんで当たり前ですが) さすがにリリース候補版 RC1 は、 私が気付いていた問題は全て解決されてました。 MT5で便利だと思うのは、 ブログとウェブサイトを多段構成できること。 テーマの入れ替えが楽。 スタイルの入れ替えが楽。 管理画面が WordPress みたいに奇麗になった事。 変更履歴を保存できる。 便利な CMS になっていると思います。 レンタルしているサーバーのせいかもしれませんが、 若干重たいと感じます。 Movable Type は個人利用によっては、 無償で使用できますが、 商用利用する場合には、ライセンスが必要です。 基本ライセンスは、¥52,500- です。 
MT3 や MT4 の有償ライセンスを持っていれば、 割引で手に入れられるようです。 MT5 の テンプレート をいち早く開発しています。 既にベータ版では稼働中です。 もし、 MT5 のテンプレートを、 誰よりも早く手に入れたい、 と思われる方いらっしゃれば、 コメントにでも残してください。 別途、担当者から、 連絡させて頂きます。 次回は、99隊長が感じた、 [...]

CMS WordPress 短所

CMS WordPress の短所です。 前回までは長所を書きました、 今回は短所です。 ちなみに、長所はコチラです。 WordPress ワードプレス の 長所 CMS CMS WordPress 長所 第2弾 フリーソフトであるが故の、 サポート体制の手薄さ、というのは、 捉え方によっては、短所ですね。 Movable Type は、ライセンスを購入すれば、 それなりのサポートが得られます。 ですが、ワードプレスの場合は、 wiki 的なサイトがあるだけで、 正式なサポートがありません。 有識者が趣味で情報公開してくれた情報を元に調べるか、 自力でソースコードを読み切るか?参考書籍を買うか? と言った所です。 2つ目の短所としては、 選択できるデーターベースソフトが、 MySQLのみというです。 私的には、データベースを使うという行為には なんのストレスも感じないので、大満足です(^○^) 手軽さという意味では、 SQLite もサポートしても良いのでは? と思います。 なんと言ってもバックアップが手軽。 ユーザーのローカルディレクトリに、 データベースをファイルとして保存できますから、 バックアップを取る時に非常に楽です。 その分、SQLite は制約も多いですが、 それは我慢です。目をつぶります。 個人的には、パフォーマンスも良くないような!? と感じています。 3つ目の短所として、これも長所の裏返しですが、 ブログシステムが PHP で動作しているため、 全てのページを表示させるのに、 ダイナミックにページを作成している事です。 HTTPリクエストを受信してから、 サイトの [...]

Web用語辞典 検索エンジン用語辞典 パソコン用語辞典

FEED

タグクラウド

新着記事

sponsored link

応援感謝です! m(._.)m


SE99隊.jp を検索

全カテゴリー一覧

携帯SE99隊.jp

携帯SE99隊.jpはこちら
携帯SE99隊.jp

お気に入り

カレンダー

2017年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月間アーカイブ

リンク集

社会貢献活動